プロセス事業

プロセス事業とは

プロセス事業は主に鉄鋼・非鉄金属業などの生産ラインを対象とした製品を取り扱っています。

もとは製鋼プロセスにおいての温度や圧力といった運転条件の調節を油圧の力で制御するプロセス制御装置から端を発しており、設立当初からの中核事業として発展してきました。今日では、鉄鋼製品の多岐にわたる生産工程で、その品質と効率を支えるために、当社の様々な製品が活躍しています。また製品の提供だけではなく、保守点検や、部品・消耗品の交換といったアフター・フォローも鉄鋼製品の生産を支える重要な役割です。

絶え間ない生産活動を支え続けてきた長年の実績による信頼性と充実したサービス体制が当事業の強みになっています。

プロセス制御の例

製品特徴

電油アクチュエーター

電油アクチュエーター

鉄鉱石を溶かして精製する「銑鉄」や「製鋼」の校庭で、油圧制御による弁の開閉で圧力・流量・温度などの調節を行う装置。

渦流式溶鋼レベル計

渦流式溶鋼レベル計

溶けた鋼を型に流し込む「連続鋳造」の校庭で、湯面(=溶鋼の表面)の位置を計測する装置。

耳端位置制御装置

耳端位置制御装置

鋼板を形成するために「圧延」や「表面処理」の工程で製品の蛇行を制御する装置。通称CPC(シーピーシー)、EPC(イーピーシー)と呼んでいます。

自動識別印字装置

自動識別印字装置

製品そのものに情報を印字する装置。製品の形状や工程などにより、塗料吹き付けやレーザー照射など異なる印字タイプ、ロボットやハンディなど異なる印字や温度環境に対応したタイプなど豊富なラインアップを取り揃えています。

製品情報